レッスルリプレイSS

タイトルのまんまです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

-35話-

『初代女王決定』

今月はみんなすごかった。最終日、愛知県で行うMLBヘビーMAX王座決定戦。
それに向けて全員の気が上がっていた。
桜井は先月のデビューでの敗戦から何かを掴んだのか、ジーナ、ジョディ両選手から勝利をおさめている。

北条「千里は負けた後、各選手に自分がなぜ負けたのか、原因と課題を聞いて回っていました。彼女の勝利へのこだわりは、全員にいい影響を与えているようです。」

そっか。
なんにしても結果をだしてくれて良かった。勝つことが自信につながってくれたらいいな。

そしてやっぱり一番気合いが入ってたのは龍子さん、十六夜さんだ。
カラミティドラゴンとしてタッグも組んでいる二人だけど、個々の実力も団体トップクラス。
2人には最終日までにリリィさんとのシングルを組んでいた。
先月の内容からすると、まだまだ差はありそうだったけど、今月は気合いが違う。
龍子さんはリリィさんの、ドラゴンスープレックスを2回、ジャーマン、キャプチュード、ニーリフトと6回ものフォールを全て2.9で返し、リリィさんの穴の関節で削り、最後は必殺のプラズマサンダーボムでマットに沈めた。

十六夜さんも再三のフォールを返し、最後は災厄降臨で勝利を奪った。

そして最終日、メインイベント。

十六夜「今日は災厄の力を借りることにするわ。」
龍子「雷龍の牙城、崩せるものなら崩してみな。」

龍子さんは序盤から飛ばしていた。先日のリリィさんに勝った事が自信になっている。けどそれは十六夜さんも同じだ。
手数で押す龍子さんが先に仕掛ける。
パイルドライバーでダウンしたところをフォール、まだ余裕があるのか十六夜さんは2.5で返す。
決めにかかったDDTもリバースで返す。
しかし、もう一度パイルドライバーをもらった後、何かが切れたように十六夜さんの動きが悪くなった。
最後にはサッカーボールキックから片エビ固めで3つ、20分足らずで勝敗は決まった。

龍子「おい…」
十六夜「…」
龍子「だんまりか…ふん。勝利への執念が強いものが勝つ。当然の結果だ。」

十六夜「今回はあなたの勝ちのようね。けど…次は勝ちにいくわ。」
龍子「ふんっ」

初代MLBヘビーMAX王座は龍子さんのものとなった。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/04(水) 00:09:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<-第36話-2年目6 | ホーム | -34話-2年目5月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moonlightangels.blog63.fc2.com/tb.php/43-b1f4ed2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。